ラミクタールは本当に安全?

ラミクタールとヘッドギアと学会について

学会は同分野の学術研究をメインで目的としている研究者の団体です。そして、その学会が開いているのが、学術的な会合になります。学会では、自己の研究成果を公開し、発表する場でもあります。同じ分野の学問を専攻する、学者や医師などが、研究を重ねた事への連絡や成果、意見交換などをする会でもあります。小さな学会もありますし、由緒ある伝統的な大きな学会などもあります。

ヘッドギアはボクシング用や、てんかんや歯科のための医療用もあります。ボクシング用のヘッドギアは、試合や練習で大切な頭を守るためのものです。医療用のヘッドギアは、医療をメインとして考えられていますから、ボクシング用のデザインとは異なります。医療用となるとボクシング用のようなゴツゴツとしたデザインではなく、もう少しスマートなデザインもありますし、女性用では緩衝力に優れたおしゃれなデザインもあります。子供から年配者まで使いやすい形状のタイプがあります。

ラミクタールはてんかんに主に使用される薬ですが、副作用についても理解をしておくと良いです。ラミクタールを服用することで考えられる副作用としては、単剤療法の場合だと、発疹が出たり、頭痛を感じるケースもあります。ほかにも、めまいをかんじたり、胃腸障害が発生することもあります。抗てんかん薬との併用療法の場合では、傾眠になるとか、めまいを強く感じることもあります。ほかにもラミクタールの副作用として、肝機能障害が発現するとか、複視になることも考えられます。これらは成人した大人のケースですが、小児の場合は、傾眠になることもあります。それから、肝機能障害が発現したり、めまいを感じたり、発疹がでることも考えられます。