ラミクタールは本当に安全?

発作を予防できるラミクタールと脳障害

ラミクタールは、脳の神経の興奮を抑える役割がある薬です。
どんな病気を治療する時に有効かというと、てんかんという病気を持っている患者に対して医師処方することが多いです。
てんかんは、分かりやすく説明すると、人によって箇所は異なりますが脳の神経からたくさん電気信号が出てしまい、上手く機能しなくなるという病気です。
発作が起きるケースは大きく分けて2つあります。
1つ目は、脳障害がもともとある場合に傷が入っていて結果的に脳の広い範囲に障害を受け、発作が起きるということがあります。
2つ目は、大きな脳障害がないという場合です。
症状としては、手足がこわばったり、口から泡を吹くということが多くこれはてんかんの特徴的な症状であり、発作であると言えます。
症状には様々な段階があって部分的なものと全体的なものがあります。
どんな段階の発作でも、ラミクタールを服用することで予防することができるようになっているので、もちろん、全てのてんかんの脳障害の発作を予防できるのかというと、難しいところはありますが、服用する患者としても予防することができる薬ということでラミクタールを安心して服用することができると言えます。
ただ、ラミクタールを服用する時はもちろん、患者は薬を処方してくれる医師に不安なことはきちんと事前に質問して、決められた薬の数を守りながら服用していく必要があります。
ラミクタールは、たくさん薬がある中で副作用は比較的、少ないと言われているので安心して患者も長期間服用しやすい薬であるということが言えます。
発作がいく起きるか分からないという不安を和らげるという意味でも、発作を予防する役割を持っているラミクタールはたくさんの患者を安心させることができる薬であると言っても過言ではありません。